特殊清掃に含まれる遺品整理

特殊清掃と言えば、孤独死などで腐敗した部屋を原状回復するという様なイメージがあります。
しかし、特殊清掃を請け負っている業者では、その部屋におけるすべてにおいての処理をするサービスを請け負っていることがほとんどです。

部屋の原状回復だけに停まらず、部屋に残された家具や家電、衣類、書類、ゴミなどすべてにおいての遺品整理を行います。
引っ越してくる前の空の状態まで清掃をしてもらうことができます。

遺品整理については、身内の指示に従い、行われますが、基本的に現金や貴金属などの貴重品はそのまま依頼主に渡されます。

書類などの分別も行ってくれます。

できれば、遺品整理は立ち会いのもと行い、必要なものと不要なものを判断する様にしましょう。

リサイクルできるもの、処分するもの、供養が必要なものなどに仕分けして、それぞれの処理をしていきます。

買取できるものに関しては、その業者で買取をしてもらえる場合もあります。

買取をしてもらうことができれば、特殊清掃の作業費用から差し引くこともできるので助かります。

新品の寝具や衣類、その他の消耗品に関しては寄付するということもあります。

寄付する場合は依頼主の承認を得てするものであり、業者が勝手に行うことではありません。

買取や寄付の対象ではないものに関しては、不用品として分別して処分することになります。

仏壇などの遺品については、業者の方で供養を依頼して適切に処分をしてもらうことができます。